Astro・Ajugaの十二星座占い

教えて!あなたの健康メゾット

2021.09.16

配信

Q: 普段はどんな運動を されていますか? また、気をつけていることは?

毎朝1時間ほど、ストレッチと筋トレちょっとしています。関節が磨り減らないよう、繰り返し関節の曲げ伸ばしをするよりは、一定の姿勢を保つ筋トレを行うようにしています。新しい運動を取り入れたときは2、3日して痛みが出ないかどうかチェック。やめてみて痛みが軽減するようならその運動は中止するなど気をつけています。

Q:運動を始めたきっかけは?

結婚前に大人バレエを数年やっていましたが、子どもが大きくなり手がかからなくなってから17年ぶりに再開して4年ほどになります。更年期になり血糖値が気になりだして運動しなきゃと思いましたが、ジムに行ってマシンで筋トレするのは好きではなく、バレエだったらクラシック音楽が好きなので楽しんでできるのではないかと思って始めたらはまってしまいました。腹筋がないとバレエでバランスや回転がうまくできないので、腹筋を鍛えて上達したかったのがストレッチや筋トレを始めたきっかけです。  


Q:今後の目標は?

これ以上毎朝の運動時間を増やしたくはないのですが、(現状の運動量をキープしつつ)トウシューズでダブルピルエットができるようになるのが目標です。 

Q:健康のために食生活で 気をつけていることは ありますか?  

夜は炭水化物を控えるようにしています。空腹時血糖がボーダーラインになってきたため、それ以降気にかけるようになりました。あとは…チョコレートの食べ過ぎには気をつけたいです。  

Q:その他おすすめの 健康メソッドが あれば教えてください!

コロナ禍で健康を保つ(コロナにかからない)ためには人に会わないことが一番で、これは今までになかった健康法です。ワクチンを接種したらこれがやめられるのかと思いましたが、変異株の出現でなかなかやめられなくなってしまい残念です。 一番のおすすめは、嫌なことがあった日には寝る前に3つ、今日あったありがたいことを見つけてから寝る。ということですね。

賀川 裕美さん(鍼灸師、研究員)
生化学の博士号を持ち現在はマウンテンビューのNASAで微生物の宇宙利用を研究する科学者でありながら、中医学との出会いでその魅力に惹かれ、中医学の修士号を取得し、賀川漢方クリニックにて鍼灸治療を提供。週末診療のほか、コロナ感染予防対策としてオンライン診療や処方箋の郵送などにも柔軟に対応しており、多くの患者から信頼を得る。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!