お仕事探しはこちら!

最先端技術で行うインプラント アメリカでより進歩した治療を

2022.06.22

配信

杉村歯科

サニーベールとサンフランシスコの2カ所にクリニックを構える杉村歯科。コンピューターを使った最新の設備を完備し、杉村先生による一般の歯科治療やインプラントはもちろん、レーザーホワイトニングやベニヤなどの審美歯科治療全般まで行っている。


インプラントの価値と効果


インプラントは「治療が大変で高額」という悪いイメージを持たれがち。しかし入れ歯を使っている人は、軟口蓋の味蕾(味を感じる器官)がふさがれ、食べ物をおいしく感じにくくなったり、強いそしゃくが必要な食事を避けたり、滑舌が気になるなどの悩みがつきまといます。一方、インプラント治療は、そうした患者さんや、けがなどで歯を失った患者さんが、天然歯と同じように違和感なく、食事や会話を以前のように楽しめるようになるといわれます。  インプラント治療には、一人一人のケースに合わせた方法があり、例えば数本だけ残った歯と埋め込んだインプラントを支えにする取り外し式の「オーバーデンチャー」は入れ歯より安定していて、装着に違和感がないと患者さんから好評だそう。  高齢で、神経筋機能の衰えなどが原因で、入れ歯の装着と取り外しが難しい人、入れ歯を失くしやすかったり、入れていることを忘れてしまうなど、使用が困難な人には、インプラントにブリッジを固定させる方法などを用いることで、インプラントブリッジが自分の体の一部となり、かむ力も天然歯同様に回復してくるとのこと。杉村先生はインプラントの治療経験も豊富で、各患者さんに合わせた対応をしてくれるので、安心してお任せすることができます。  また、アメリカの保険ではインプラント、歯列矯正、セラミック治療などがカバーされることが多いので、より気軽に受けることが可能となるのだと杉村先生。



 最新歯科システムのセレック(CEREC)


同院では最新の歯科治療システム、セレック(CEREC)を導入しています。セレックとは、コンピューター制御により歯の修復物を設計・製作する「CAD/CAM」システムのことで、コンパクトなアーム型3Dスキャナーを使って口腔内を撮影し、クラウンを設計します。セレックを導入するクリニックから毎日集まる何千ものスキャナーデータから、AI(人工知能)データと優秀な技巧士によってクラウンが設計されるのだそう。その後、院内の3Dプリンターで削り出されたポーセリン(磁器)のクラウンに、患者さんの歯の色に近づける色調整を行い、専用オーブンに1時間ほど入れると完成します。セレックの全行程はわずか4時間あまり。1日で型取りからはめ込みまで行えるので、仮歯の必要もないのだそう。何年も前に虫歯治療をした際の詰め物の銀歯やその他金属製のクラウンは、経年とともに歯と詰め物の間にギャップができて、詰め物の下や周りに新たに虫歯ができるケースも多いとのこと。痛み出す前に、見た目にも美しく機能性も高いポーセリン製クラウンに変えてみてはいかがでしょう。



 日本語対応可能の カウンセリング無料


日本からの旅行中に歯のトラブルに見舞われた場合、海外旅行保険が適用される治療かどうか確認したい場合なども含めて、カウンセリングに日本語で無料で対応しています。「インプラントに興味があるけど、治療や費用に不安がある」「治療期間はどのくらい必要か?」など、歯について気になることがある方は是非、気軽に問い合わせしてみては。


杉村歯科
【サンフランシスコクリニック】
2001 Union St., #240, San Francisco, CA 94123
【電話】415-447–6868(日本語対応)
【サニーベールクリニック】
500 E. Remington Dr., Suite 19, Sunnyvale, CA 94087   
【電話】 408-749-9598
【Eメール】info@pacificdentalsf.com
【ウェブサイト】 www.pacificdentalsf.com

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!