ローカルニュース毎日配信!

ポジティブな変化を起こす -寺尾先生

2022.11.30

配信

ポジティブな変化を起こす

  今年もあっという間にホリデーシーズンになりました。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。この時期になると一年を振り返ったり、来年にやり遂げたいことなどを考える機会も多くなるかと思います。私たち人間は、常に前進していくことが可能です。年老いて体が衰え、それに伴い心も元気でなくなる場合でも、人間としての成熟や知恵などの面で、長い間成長することが可能です。

 私の元に来られる方々は、何らかの形で過去に心の傷を受けていますが、私を訪れるきっかけは現時点での悩みであり、ほとんどの場合は人間関係です。「うつで悩んでいます」「不安が強いです」「過食してしまいます」「怒りが止まらなくて怒鳴ってしまいます」など、症状を訴えて来られる方でも、その症状が原因で人間関係や社会生活に支障が出た時に連絡をくれる方がほとんどです。

 過去の話をよく聴き、クライアントそれぞれが自分自身のユニークな過去や状況を理解するのを手伝いつつ、現在と未来にフォーカスを当ててセラピーをしていきます。変化が起こるのは、そこからです。過去をひもとく中で、罪悪感に悩まされる方も多くいます。罪悪感には、自分の言動を変えるきっかけになるという利点もありますが、あまりとらわれていると「今」にフォーカスすることが難しくなります。罪悪感は悩ましいですが、「今」から目を背けるために無意識に使っているツールだったりもするのです。

 私たち人間は、きっかけや動機がない限り、現在の行動パターンや思考パターンを持続するものです。変化は、現在のパターンが機能していないと気づいたり、問題が見えてきたり、人生を向上しようと思い切った時に起こります。ポジティブな方向に変化するのにもちょっとしたこつがあり、それらも心理セラピーを通してフォーカスしていきます。。

寺尾明希子(てらおあきこ)LCSW, PPSC, MA
カリフォルニア州公認心理セラピスト、臨床ソーシャルワーカー。サンフランシスコ大学で心理学の学士号、心理学の修士号、社会福祉保健学の修士号を取得。現在はサンフランシスコ、ベイエリアで、対面とオンラインの両方で心理セラピーとコンサルテーションを提供。専門は、うつ、不安、人間関係の問題、摂食障害。家族機能不全から発生するさまざまな症状を扱う。また、問題を抱える人の家族向けのコンサルテーションも行う。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!