ローカルニュース毎日配信!

歯を白くしたい -森田先生(歯科医)

2022.09.16

配信

 歯を清潔な色、白い色にしたいとは誰もが思うことだと思います。さまざまなやり方がありますので、今回はそのお話を致します。 

ホワイトニング

 まず一般的に歯を白くしたいと思う人が考える最初のオプションがホワイトニングではないでしょうか。これは歯の表面に漂白剤を塗り、時間が経つとその薬品が歯の表側を覆っているエナメル質を漂白するというものです。一般の薬局で売られているものもありますし、歯科医のオフィスで受けるタイプもあります。歯科医で使用する薬品の方が高濃度なので、短時間で効果がみられます。このタイプのデメリットは、エナメル質を漂白するのみなので歯を純白にしたい場合には物足りないかもしれません。

セラミック歯科治療

 この治療は歯の表面をセラミックで覆ってしまい、色だけでなく形も変えることが可能です。セラミックを使った治療では、あまりにも白くなり過ぎて不自然になってしまうのではないのかという懸念も時々耳にします。しかし色も形も選択可能なので、自分の好みの白さにコントロールすることができます。近年のセラミック素材の品質向上のおかげで、この治療は審美面だけではなく強度もとても優れているのでおすすめの方法です。

詰め物の入れ替え(特に銀歯)

 ホワイトニングやセラミック歯科治療の他にも歯を白く見せる方法があります。詰め物などの入れ替えです。日本で保険制度を使って治療した場合は銀の詰め物が主流でした。銀の詰め物の場合、笑った時などに銀色が目立ってしまったり奥にあると黒く見えたりしがちですので、詰め物をセラミックのかぶせ物や白い詰め物に換えると、治療以前よりも笑顔がとても綺麗に見えるようになります。

クリーニング

 たかがクリーニングと思われる人もいるかもしれませんが、やはり歯も毎日使っていると汚れがたまってきます。磨き残しが原因の汚れや、コーヒー、ワイン、お茶などを飲まれる方はその着色のせいで歯の色が濁ってきます。クリーニングをすると歯は白くなりますし、定期的に続けていると綺麗な歯を保つことが可能です。もちろん歯科医に行かなくてもご自身で白い歯を維持することも可能です。口腔内健康管理だけではなく、食べ物や飲み物に気を配るといいと思います。また、口が乾燥すると着色しやすくなるので、きちんと水分補給することをおすすめします。

森田耕平(もりた・こうへい) D.D.S.

2005年のUC Berkeley大学卒業。2009年、ニューヨーク大学歯学部卒業。2010年からニューヨーク病院で研修を開始。口腔外科、審美歯科、小児歯科、インプラント治療について研究を重ねる。ICOI(International Congress of Oral Implantologists)、ITTI(International Team of Implantology)のメンバー。2012年クパチーノで開業。 

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!