ローカルニュース毎日配信!

夏の冷え性 -浅尾先生

2022.07.15

配信

夏の冷え性

 最近、胃や腸の調子が悪かったり、体が常にだるく感じ、寝ても疲れが取れなかったりするなど体の不調はありませんか? もしかしたら、夏の冷え性かもしれません。冷え性というと寒い冬をイメージしがちですが、実は夏の冷え性で体調を崩す人が多く、油断は大敵です。

 夏の冷え性では、内臓が冷えていることが特徴です。体が冷えると血行が悪くなります。血液は体の末端にまで酸素や栄養を運ぶ重要な役割を担っていますが、血流が滞ると必要な成分が届かないばかりか、老廃物が回収されにくくなってしまいます。また、体温が下がると免疫力や代謝も低下することが分かっています。免疫力が低下するとウイルスや細菌に感染しやすくなります。 代謝が落ちると、肥満やむくみ、便秘、肌荒れにもつながります。夏の手足の先は温かいので、内臓の冷えは冷え症と気付きにくいのが特徴です。

 ストレスなどによる自律神経の乱れが不調を起こすのは夏に限りませんが、夏には、気温や体温の上昇を皮膚からの熱発散で冷まそうするのに加え、冷たい飲み物や食べ物を求めがちです。また、会社や病院やスーパーなどで冷房にさらされる機会も増えると、体を必要以上に冷やしてしまいます。

 一年の気の流れは、植物や動物の成長、繁殖からも明らかなように、夏が最も活動的で、冬には活動を低下させエネルギーを蓄えます。なので夏に気の巡りが滞り、不調になると、次の季節にも引きずってしまい、元気を減らしていきます。健康への知恵を説いた「養生訓」でも、「四季のうちで、夏に最も保養すべし。夏に不調を起こせば、冬の不調よりも大病につながりやすい」と書かれています。

 私たちにできる一番手っ取り早い対策は、暑いからといって冷たいものを取り続けず、胃腸に負担が掛からないよう、体温程度の食べ物を摂取したり、できるだけ体を冷やさない食べ物を選んだりすることです。体を温める食べ物、冷やす食べ物を調べて、これらをうまく組み合わせることで、暑さを乗り切り、夏の冷え性の原因となる習慣を見直して、快適な夏にしましょう。

浅尾明美 L.Ac., DOM(あさお・あけみ)
人間の身体を自然との融合の元に考えるホリスティックな東洋医学に魅かれて、米国家試験、カリフォルニア州のライセンスを取得後、エルカミノ病院にてAsao Acupunctureを始める。皆さんがもっと自己の身体に関心を持ち、向き合える生活指導に意欲的。ご家庭に、ご旅行に漢方常備薬も用意している。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!