ローカルニュース毎日配信!

「気」の持ちよう -浅尾先生(鍼灸師)

2022.01.07

配信

「気」の持ちよう -浅尾先生(鍼灸師)

中国では、古くから「陰陽」の考え方が万物の根本ととらえ、生命体、物質など、この世の存在のすべてが、「陰陽」=プラスとマイナスの性質を持ち、両者の間を「気」=「生命エネルギー」が交流していると理解します。 目に見えないので把握しにくいですが、「気」の重要性は無限大です。


例えば、病は気から:気の持ちようが病の元になる、ストレスで胃炎、癌発症などはよく知られています、あるいは、どこか見知らぬ地を訪れて、なんだか背筋がゾクっとした感覚に襲われた:「悪い気」が漂っていたのでしょう、反対に、なんだホンワリとした気分になった:「良い気」があふれている、なども一例です。私たちの動物的な本能が引き起こす「警告」とも言えますが、悲しいかな、年を重ねて知恵をつけるほどに、耳を傾けるべき体の声を失っていきがちです。


「陰陽」とは、どちらが良く、どちらが悪いのではなく、そのバランスが大切なのです。人間に関して言うと、体質、性質、環境、関係、情報、考え方、食べ物、などに存在し、陰陽の理論とは、生きるうえでのバランスとも言え、その概念を知ることは、「病」を遠ざけることにつながります。


さて、日々の生活で、一番コントロールしやすい「気」とは、何気なくかわす会話や、テレビやニュースなどの情報から入ってくる「気」ではないかと思います。会話や情報から、後味の悪い「悪い気」を感じることはありませんか? 

未だ収束をみないコロナ禍で、暗いニュースに浸っていると、気分が滅入りますね。先行き不安から精神を病み、体調を崩してしまう人も少なからずです。

外から受けた「悪い気」は、うまく排除しなければ、病態を作り出します。東洋医学では、イライラや怒りは肝臓に、悲しみ、心配事は肺に、激しい運動は心臓に、恐れは腎臓に、考え過ぎやクヨクヨは胃腸に問題を起こすと言います。


ネガティブな考えや会話は避ける努力をし、物事を前向きにとらえ、行動し、「良い気」を取り入れる心がけを忘れず、少々のことに動じず、自己治癒力の備わった、心身ともに健やかな日々を過ごしたいものですね。





2081 Forest Ave., Suite 4B, San Jose, CA 95128

https://www.asaoacupuncture.com

408-204-8051

鍼、灸、吸角カッピング、漢方、指圧、気功などをひとりひとりの症状に合わせ て丁寧な治療を行う鍼灸師。不妊治療も行う。

詳細を見る

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!