ローカルニュース毎日配信!

インプラント技術の進歩 痛みの無い治療へ

2021.11.24

配信

サンフランシスコのマリーナ地区で一般歯科治療やレーザーホワイトニング、インプラントなど幅広い歯科治療を提供する杉村先生。2017年にはサニーベールにあるオフィスでも治療を開始し、患者さんから高い評価を受けている。


もう怖くない! インプラント治療  

「『インプラント』と聞くと、どうしても怖い、痛い、危険な手術治療というイメージがありますが、ここ5年でインプラント手術の技術は飛躍的に進歩しました」と杉村先生。今の施術時間は以前の約半分で、術後の痛みも抜歯手術より少ないため、術後にはあまり痛みを感じず、患者さんは直ぐに帰宅できる人が殆どだそうです。「同院でも最先端の機材を導入し、精度が高く安全な治療を行っています」という杉村先生に、痛みが少なくて安全という現在のインプラント技術についてお話しを伺ってみました。

 「サージカルガイド」でより安心に  

杉村先生はインプラント治療でマウスピースの様な形をした「サージカルガイド」と呼ばれるインプラント治療を補助する道具を使用します(写真1)。これは、事前の治療計画で集められた情報をもとに作成された、インプラントを埋入する際に使用するガイドのことで、実際に手術を行う際に、角度や深度、位置などの要素を事前のシュミレーション通りに再現する手助けになります。サージカルガイドを使用する利点には、手術のエラーやリスクの大幅な削減、口内の神経や血管を傷つける可能性や細菌感染の可能性を大幅に減らす、手術時間の短縮、術後の痛みや腫れの軽減やインプラントをより長持ちさせるなど多く挙げられます。


 「サージカルガイド」の作成まで  

サージカルガイド作成の手順としてはCTスキャンを行って採取した歯形のCT画像や、口腔内スキャナーで撮影した患者さんの歯と骨の3Dデータから、神経や血管の位置、インプラント治療には欠かせない骨の厚みなどの診断を行います。その後、これらの画像を基にインプラント埋入を行う位置や角度などの要素を策定し、先生がサージカルガイドを作成します。更に、サージカルガイドは歯にしっかりと固定するので、埋入位置がずれることがなく、より正確な位置にインプラントの埋入が可能になります。そのため骨密度や傾斜などの関係でインプラントの埋入が難しい患者さんも、サージカルガイドを使用することによってインプラントを正確に安全に埋入することができるので、患者さんに掛かる負担も少なく、より短い時間で手術を終えることができます。


 コロナ感染対策も徹底  

患者さんの安全を第一に考え、杉村歯科医院では、閉院後にスタッフが毎日、受付や待合室を高濃度のアルコールで消毒します。また、待合室も1人以上の患者さんを入れないように予約を調整。来院した患者さんには毎回スクリーニング・テストや検温を行い、患者さんが使用するペンも使い捨てを使っているほか、患者さんには診察室に入る前にマウスウォッシュでうがいをしてもらっているので安心して来院できます。また、サンフランシスコの治療室のデザインが新しくなり、患者さんのプレッシャーをできるだけ減らし、のびのびとした気分で治療を受けられるように目の前は広々とした窓から外が見えるようになっています。  杉村先生とのカウンセリングは無料で行えるので「インプラントに興味があるけど治療や費用に不安がある」「治療期間は?」など、歯について気になる事がある方は是非杉村先生に相談を。

杉村歯科
【サンフランシスコクリニック】 2001 Union St., #240 San Francisco, CA 94123
【電話】415-447–6868 
【サニーベールクリニック】 500 E. Remington Dr., Suite 19 Sunnyvale, CA 94087    
【電話】 408-749-9598
【ウェブサイト】 www.pacificdentalsf.com

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!